合宿免許 持ち物

合宿免許を利用するとき、ある程度の期間になるため、持ち物で悩む人は多いでしょう。例えば洋服です。合宿中に必要と思う着替えをすべて持っていくとなると大きな荷物になってしまいます。着替えについは、合宿中、コインランドリーを利用して洗濯する人と、合宿に必要な着替えを持っていく人に分かれます。荷物を小さくしたいという場合は洗濯することを考えましょう。

石鹸や歯ブラシや歯磨き粉などのアメニティグッズについては、合宿免許を実施する教習所によって異なります。歯ブラシや歯磨き粉、タオルなど、サニタリーグッズが充実している合宿免許もあれば、必要最低限のものだけが用意されている合宿免許もあります。
石鹸や歯ブラシ、歯磨き粉といった細かいものについては、施設に用意されていることが多いのですが、敏感肌のため決まった石鹸しか使用することができない、自分にあった歯ブラシや歯磨き粉を使いたいという人は持っていくようにしましょう。タオルについては一般のホテルでも備え付けがない場合があるように、教習所によっては備え付けがない場合も多くあります。そのためタオルについては自分で用意していった方がよいでしょう。

ドライヤーについても合宿免許によっては用意がないところがあります。お風呂の後は必ずドライヤーを使う、朝はドライヤーで髪をセットするという人は持って行った方がよいでしょう。そのほか、爪切りや絆創膏など、日常の中でふとしたときに使うものは持って行った方が便利です。ただし、ある程度のものは近所にあるコンビニなどで購入することも可能なため、荷物の大きさを見ながら判断しましょう。





|

コメントは下のボタンを押して別ウィンドウから投稿できます。

|