合宿免許 最短

短期で自動車免許を取得することができるのが合宿免許ですが、その最短期間は、免許の種類によって異なります。自動車教習所の教習期間は、免許の種類によって道路交通法で定められています。

例えば普通車の場合、50分1時限で、2段階でカリキュラムが組まれ、1段階目は技能教習15時限、普通車ATの場合は12時限、学科教習10時限になります、2段階目は技能教習19時限に学科教習16時限が行われます。
そして1日に受講できる技能教習の時限は法令によって1段階は2時限まで、2段階は3時限までと決められています。

そのため、普通車免許の場合、普通車ATは最短で14日、普通車MTは最短で16日かかることになります。最短で免許を取得することを目的としている合宿免許は最短の日数を参考にしてプランを組んでいますが、教習所によって1日、2日の差があります。
教習所の中には中1日お休みを設けているところもあり、そのため合宿検挙の最短日数は、教習所、そしてプランによって異なるのです。教習所によっては、修了検定や卒業検定などを実施する曜日を固定しているところがあり、そのような合宿免許では、最短時間から数日長くなっているところもあります。

合宿免許では短時間で教習を受けるため、教わったことを忘れにくく、大体8~9割の人が最短で免許を取得することができるようです。
しかし、中には運動神経に自信がないなどの理由で、最短で免許を取得する自信がないという人もいるでしょう。その場合、卒業まで追加料金がかかるかどうかを確認しておきましょう。卒業まで追加料金なしの教習所を選べば、費用を抑えることができます。






|

コメントは下のボタンを押して別ウィンドウから投稿できます。

|