合宿免許 スケジュール

自動車免許の短期間で取得する合宿免許では短期間で免許が取得できるよう、濃密なスケジュールが組まれています。

合宿免許の期間は、教習所によって若干異なりますが、大体普通車ATの場合、最短で14日、普通車MTの場合は最短で16日です。教習所では自由に勉強できるわけでなく、技能・学科の教習のスケジュールが決められており、そのスケジュールに従って勉強、実技を受けます。

合宿免許での1日の教習時間は平均4~5時間程度です、短期間で免許を取得するために1日中、朝から夜まで勉強しなければならないわけではなく、プライベートの時間も確保されています。

そのため教習の予習や復習を行うだけでなく、ほかの人と交流をすることもできます。教習の時間は1講座50分で、1限目は8:40~9:30、2限目は9:40~10:30、3限目は10:40~11:30、4限目は11;40~12:30、午後も5限目から9限目が用意されており、必要な講座を受講し、実習を行います。

合宿免許は短期間での免許取得を目的とするところですから、教習所についてしばらくはのんびりということはなく、初日から入校説明、適性検査、入校手続きが行われて、さらに先行学科として1時限の授業が行われます。

その後、第一段階の学科教習、技能所内教習が行われ、仮免許を取得するための実技と学科のテストが行われます。次に第二段階の学科教習と技能路上教習が行われ、実技の最終テストに合格すると、卒業証明書が発行されます。

教習所を卒業した後は、1年以内に住民票のある都道府県の運転免許試験場にて適性検査・学科試験を受けて免許証が交付されます。





|

コメントは下のボタンを押して別ウィンドウから投稿できます。

|